読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

現地採用で海外就職する!?ちょっと考えなおして欲しい3つのチェックポイント

脱社畜と海外就職

Sponsored Link

海外就職する!?ちょっと考えなおして欲しい3つのチェックポイント

気軽に海外で就職できる時代

先日、私の日本にいる友人(以降、彼はモーガン・フリーマンに似ているので、モーガンとします)からメールを受信しました。モーガン曰く、「タイで働きたいから、情報が欲しい」という内容です。

モーガンは日本での就労経験は十分にあるのですが、海外経験がないため、海外で働くための情報、特に現地採用として働くための情報がが全くありません。だから、タイに在住する私に連絡が来ました。

私は先ず最初に人材紹介会社のリストを渡し、そのWebサイトを熟読するように言いました。ただ、「人材紹介会社のWebサイトを100% 信じるな!」と伝えました。

今の世の中、インターネットで多くの情報を収集できるようになりました。ですが、情報も雑多にあり、玉石混淆です。人材紹介会社も営利を目的としてWebサイトを運営しています。そのため、甘い誘惑で海外で働くことをすすめてきます。

海外で働く場合、日本より良いことも多いです。ですが、本当のことを伝えない人材紹介会社も多いため、海外に来てから「騙された」と思う人も多いと思います。

私は、モーガンに言いました。「タイで現地採用として働くことは簡単だよ。でも、モーガンは今から言うことを考えたことはある?」と聞いてみました。

海外で現地採用になる前に考えて欲しいこと

私がモーガンに言ったことは、以下のようなことです。他の人にも相談された場合に必ず聞く内容であり、3つの覚悟を確認しています。

1.将来のビジョンはあるのか?

海外で就職する目的を考えたことはあるでしょうか?

私の周りには、「一度海外で働いてみたかった」という人が多くあります。ですが、海外で働いて、その経験をどのように活かしたいのかまで考えている人はいません。

将来のビジョンは重要です。雇用する企業からも、もしタイで面接を受ける場合、何故タイで働きたいのか、将来のタイでのビジョンはあるのか、という質問が出るのが当たり前です。

ぜひ、将来のビジョンについて考えてください。これは、就職先の会社のためのビジョンではなく、現地採用で働く皆さんの将来について考えて下さい。

こんなはずではなかった、と思うことがないように。

2.求人募集の採用条件はどこまで妥協できるか?

企業も足元を見て採用しています。足元と言うのは、タイは日本よりも物価が安いため、「日本と同じ程度の給料を支給する必要はない」と考えています。これは、採用される人がどんなに優秀であったとしてもです。

はっきり言いますが、現地採用の日本人に対する待遇は、日本とは雲泥の差です。例えば、以下のようなことです。

  • 退職金が無い
  • 健康保険の適応範囲が狭い(ある程度の自腹が必要)
  • 駐在員より給与が安い

条件が良い企業を選ぶことは必須です。ある意味、ジョブホッピングで良い条件の会社を見つけるたびに転職を繰り返す必要もあるかもしれません。

3.どのような業界で働くのか?

日系企業の現地採用の場合、過去の経歴でどのような業界で働いてきたことが重要です。たしかに、業界関係なく就職することは可能です。ですが、あなたが働きたいと考える業界と言うのは絶対に妥協しないことをおすすめします。

業界での経験を変えないことは、あなたのキャリアを形成する上でたいへん重要です。

もちろん、新しい業界でチャレンジしたいと考えることも大事です。そして、業界を変えることは海外では簡単かもしれません。ですが、あなたの将来のキャリアプランとして、妥当かどうかを検討することは忘れないで下さい。

タイで就職したいと思った方はご連絡を

以前と比べて海外就職はとても身近になりました。一方、海外で働くことが必ずしも日本で働く環境より良くなるとか、楽になるとかいうことはありません。

やはり、働きたいと考えている人から、個別の状況を聞いてみないとわからないところもあります。ということで、就職に不安がある方は、ご連絡ください。相談については、もちろん無料です。

せやかて、海外でのビジネスに少しでもチャレンジしたいと思ったら、やっぱり行動を起こして欲しいと思います。ウダウダ言う前に。