読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

新天地タイで就業中のポンパットの自己紹介

サイト運営情報

Sponsored Link

新天地タイで就業中のポンパットの自己紹介

DAVEchangのはてなブログへの寄稿

DAVEchangのブログに記事を寄稿する執筆者の1人、ポンパット(Pongpat)と申します。

これまでは色々な方が執筆されているブログを見ているだけの立場でしたが、タイでの就業を通じて経験したことを紹介するため、DAVEchangのブログに記事を寄稿することになりました。

DAVEchangは、タイで知り合った遊び友達です。このDAVEchangとブログを一緒に運営することにしたのは、色々なエピソードを4次元ポケットの中から取り出すDAVEchang に、その人生の軌跡を足跡としてブログに残してもらうためです。恐らく私がブログ開設を進言しなければ、世に残ることはなかったかと思います。

世間は果たしてどのような反応を見せるのか、楽しみです。

タイに移住して就業中

私、ポンパット(Pongpat)はタイでの生活を2016年1月から開始しているのですが、まだまだタイだけでなく海外生活の右も左もわからない状態です。初めてタイに訪れたのは約5年前ですが、タイで生活を始めたことで、旅行では味わえない新しい経験を得ることができると共に、タイの異国文化に頭を悩ませる日々でもあります。ですが、全てを含めて楽しんで生活しています。

現在は、タイの会社で働いておりますが、日本での就業経験を得た後にタイに移住してきました。日本でビジネスの基礎は経験してきているのですが、タイで就職すると、日本とまったく違う事が多々あり、驚かされることも多いです。

タイと日本を比較すると、労働環境の違い、就職・転職状況の違い、待遇の違いなどなど色々と日本ではあまり考えなかったことに対して、色々と考えさせられることがあります。逆に、タイでも多くの日系企業とお付き合いがあるため、日本では感じなかった日本独特の就労事情を気づくことにもなりました。

まだまだ海外生活は未熟な状況ですが、タイという国で就業することで感じる、日本との違いを記事にしたいと思います。

ブログテーマは脱社畜

今まで色々な方のブログを拝見してきましたが、仕事に関するテーマを扱ったブログは非常に多いと思います。「意識高い系」や「キャリアアップ」、「就職・転職ノウハウ」など、各ブログで特色のある内容について書かれていると思います。

この DAVEchang のブログには、テーマ「脱社畜」の記事を主に寄稿したいと考えています。その他には、はてなブログProのカスタマイズ方法や、東南アジアの経済情報やマーケット情報を取り上げてみたいと考えています。

海外で働くを事例を紹介

過去に読んでいて面白かったブログに「ニートの海外就職日記」がありました。残念ながらブログは現在閉鎖されており、過去記事すらも見れなくなっていました。

上記のサイトで紹介されているのですが、「ブログが起因で身の危険を感じる出来事があったため」ブログを閉鎖されたそうです。2011年頃に閉鎖されたのですが、当時としては非常に斬新な切り口のブログであり、多くのファンがいたと思います。

私も DAVEchang のブログに寄稿する際には、自社や他社で見聞した情報を元に、色々な海外の就労事例を紹介したいと思います。ただ、身の危険を感じるような事態には陥らないよう気をつけます。

海外で働きたいとお考えの皆さんへ

私の周りでは、30歳ぐらいからタイで就職を開始された方がたくさんいます。また、タイで仕事を求めてきた若い世代の方と知り合うことも多いです。一方で、50歳代の方も、日本を離れてタイで就職されている方もいます。

数で言えば、圧倒的に30歳ぐらいで海外経験を積むためにタイに渡航されている方が多いのかな、というのが実感です。その背景は、30歳ぐらいであれば、もし日本に戻ることを考えた場合でも、再スタートが容易な年齢なのかな、と考えています。

彼ら/彼女らが何故にタイで、あるいは海外で働きたかったのか、本当の理由はわかりません。ですが、実際に本当に多くの日本人がタイで働いています。

業界の未経験者であっても、1年もすれば、その業界で1人前に成長しているようです(タイ国内だけでしか通用しないのかもしれませんが)。逆に私からすれば、業界未経験で、海外経験もないような方が、タイで就職しようと決心して来ることは、大変すごいことだと思います。

そこで、タイや海外で働きたいと少しでも考えている方のために、少しでも役に立つような情報を発信できれば、と僭越ながら考えてもいます。

海外では英語が必須!?

海外にいきなり行くにしても「英語が話せない」と考えて、足踏みしている方も多いとは思います。たしかに一般的に海外で仕事をする、あるいは生活をするには英語がとても大切だと思います。

ですが、誇れる何かがあるのであれば、気にせずにチャレンジしてみるとよいと思います。海外にいる以上は英語、あるいは現地語(タイならタイ語)は日常で使うことになると思いますので、必然的に上達すると思います。

私も英語とタイ語については、精進が必要な毎日です。

せやかて、毎日コツコツと勉強するのは、しんどいですが。