読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

タイの2016年5月5日は国王即位記念日(戴冠記念日)で4連休

Sponsored Link

2016年5月5日は国王即位記念日(戴冠記念日)で4連休

2016年5月5日から5月8日は4連休

今年2016年の国王即位記念日(戴冠記念日)は、5月5日(木)です。この日は、祝日となっています。

また、政府からの発表で、5月6日(金)も特別休暇にするように指定されています。そのため、多くの企業では5月5日(木)から5月8日(日)まで4連休となっています。

先月はソンクラーンがあったばかりですが、5月第1週は祝日が5月1日と5月5日の2回あるため、大型の連休になっています。多くのタイ人は、この5月の連休を活用して田舎へ帰省したり、海外旅行に出かけたりしています。

一方で私の周りの友達たちは、どこに行っても混雑しているから、家でゆっくりするという人たちもいます。ゆっくりすると言っても、昼間からお酒を飲んで宴を催すだけなんですが...。

国王即位記念日(戴冠記念日)のバンコク市内の状況は?

国王即位記念日(戴冠記念日)は、祝日のため、一般企業や銀行などは休業日となっています。一方で、会社等が休みのため、通勤による交通渋滞がないと考えられます。タクシーでの移動などは快適だと思います。

また、国王即位記念日(戴冠記念日)と言っても、観光地やショッピングセンター、モール、デパート、市場、飲食店などは、通常通り営業しています。

一部の個人商店や屋台などは休業していることもありますが、個人経営なので仕方ないですよね。人によっては帰省していますので。

観光地の1つとして寺院がありますが、多くの寺院は通常通り参拝客を受け入れています。ただ、王宮であるワット・プラケーオは式典が催されると思いますので、5日の午後は入場規制があると考えます。

式典には関係者しか入れないため、一般観光客の方々は入場できないと思います。あるいは、一部のエリアのみに制限されて入場が許可されるかもしれません。ただ、多くのタイ人の方々も王宮に訪れますので混雑すると思います。そのため、5日(木)は観光での訪問は控え、別の場所に行かれることをお勧めします。

国王即位記念日(戴冠記念日)とは?

国王即位記念日(戴冠記念日)は、タイ語で วันฉัตรมงคล と言います。

1946年6月9日に先代のラーマ8世がお亡くなりになれた後、ラーマ9世が国王として即位しています。そして、1950年5月5日に、ラーマ9世は戴冠式をご実施されたとのことです。この戴冠を記念して毎年5月5日は祝日となっています。

ラーマ9世とは、現在の国王である、プーミポン・アドゥンラヤデート国王陛下(King Bhumibol Adulyadej)のことです。プーミポン国王は、チャクリー王朝の第9代タイ国王として在位しています。

ラーマ9世としてプーミポン国王は、実に66年もの長い間、在位しておられます。

今年2016年は、この国王即位記念日(戴冠記念日)である5月5日(木)と、5月7日(土)に挟まれた5月6日(金)は特別休暇になっています。

タイ政府としては、5月6日(金)を特別休暇にすることで、タイ国内での観光等を促進し、内需を拡大することが狙いにあるようです。

タイの祝日で気になるのは禁酒日

皆さん安心して下さい、5月5日(木)の国王即位記念日(戴冠記念日)はお酒が飲めますよ!もう一度言います、禁酒日ではありません!

安心して、当日は遊びに出かけてください。事前にお酒を買い込んでおく必要もありませんので。

せやかて、毎度の事ながら祝日になる前には、禁酒日かどうか確認するのはいつものことですよね。皆さんも良い祝日をお過ごし下さい。

 

Photo credit: <a href="https://www.flickr.com/photos/daveiam/2492315051/">daveiam</a> via <a href="https://visualhunt.com">VisualHunt.com</a> / <a href="http://creativecommons.org/licenses/by/2.0/">CC BY</a>