読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

クラッシャー上司の働く職場は悲惨!部下はゾンビのように働く職場

脱社畜と海外就職

Sponsored Link

クラッシャー上司の働く職場は悲惨

クラッシャー上司とは?

クラッシャー上司という言葉があるということ初めてしりました。日本での色々なブラック企業に所属している方々が、このような言い得ている言葉を作っているようです。

気分の浮き沈みが激しく、部下のミスを執拗に責め、あるいは暴言を吐いたりして次々に部下を鬱と休職や退職に追い込むなど、その言動で部下を次々と潰してしまう上司のことを指す。

参照元)クラッシャー上司 - Wikipedia

いわゆるパワーハラスメントを、職場の立場を利用して部下に強いる人のようです。部下としては、上司に逆らえない、という立場を利用した問題です。

自分の就職した企業が仮にブラック企業ではなかったとしても、自分の部門の上長がクラッシャー上司だったとしたら、働いている人は正に職場の環境に恵まれなかったと言うしかありません。「クラッシャー上司がいなければ」と。

クラッシャー上司という言葉、上手く言い当てています。傍から見ればそうですが、当事者としたら、簡単な話ではありません。

クラッシャー上司がいる職場

一番の問題は、上司が部下に対して暴言を繰り返すことです。

一方で、部下のミスを起因とするため、周りからは上司が部下の問題を攻めているだけで、立場によっては良くも悪くもなります。

例えば、普段は温厚で、部下のミスを仕方ないと考えるような上司が、部下の何度も繰り返されるミスに対して注意をするような場面、このような場合には仕方がないとも考えられたりもします。

一方で、ミスをした部下に対して、何度もネチネチと繰り返し同じミスに対して暴言を吐くような上司に対しては、誰も正しい注意では上司に対して思わないと思います。

結局は、組織として事業をする企業では、円滑なビジネスが環境が必要ですが、1人でもクラッシャー上司がいると、その企業全体の運営において支障が出ると考えられます。

クラッシャー上司に対する対処法

私は過去に、自分の所蔵する会社にクラッシャー上司と言える上司がいました。当然、他部門のクラッシャー上司にがいると聞いたとしても、その人に対して、私が文句を言うことは困難です。

当然ながら、自分の部下が、そのクラッシャー上申と言われる人に注意、あるいは叱責されているなら、壁になるべきです。

ですが、どうしようも無いときには、クラッシャー上司にクラッシュされる前に転職することをおすすめします。

世界には多くの企業があります。自分が能力を発揮できる企業はたくさんとあります。逆にクラッシャー上司がいる職場では、能力の50%も発揮できないと思います。

転職がベストです。可能なら、職場内の部門異動がベストです。

とにかくクラッシャー上司と仕事で蜜に関係を持つ必要があるなら、絶対に逃げてください。下手すれば、あたなの人格が壊れます。

クラッシャー上司は部下の成長を考えていない

評論家と社内で呼ばれる方のことを投稿しました。ある意味、評論家はクラッシャー上司に似ているかもしれません。

部下のミスを注意していることは、社内においては適切な指導として、上司としての職務を全うしているのかもしれません。ですが、部下の立場を考えた対応とはいえないと思います。

「お前のために、厳しく注意している!」というような、真剣に部下の成長を期待した言動でも、相手に伝わらなければ、部下からはクラッシャー上司というレッテルを張られてしまいます。

結局は、部下の立場に立って、相手がどう思っているのかを考えながら注意することが大事なのかと思います。

東南アジアでクラッシャー上司は命取り

私の知り合いが、部下に対して注意したことがあったそうです。

その部下は、日本人のお客さんが許さないようなミスをしたそうです。そのため、企業の管理職であった私の知り合いは、その部下を同じようなミスを繰り返さないように注意をしたそうです。

ですが、注意した環境が悪かったようです。社内の多くの人がいる前で注意したそうで、ミスをした部下を傷つけたようです。つまり、プライドを踏みにじられたと部下は感じたようです。

後日、私の知り合いの管理職は、包丁を持った元部下に報復を受けたようです...。

昔の厳しい上司とクラッシャー上司

昔と今は違うということが多くあります。昔はその程度の上司の対応は当たり前、と思っていても、今ではブラックというレッテルを貼られてしまいます。

また、クラッシャー上司というのは、愛の鞭かどうかを判断するのは部下です。ですが、クラッシャー上司は、部下の成長のことを全く考えずに部下を暴言等で叱責するそうです。

もしあなたの職場の上司が、クラッシャー上司なら、転職を考えてください。絶対にあなたにとってはメリットはありません。その職場から抜け出せなければ、絶対にゾンビのように働くことになるでしょう。

せやかて、昔はパワハラなんて当たり前でした。権力を持つ役職の人が部下を使うことに問題はありませんでした。そのため、私も鬱になった経験があるので、絶対に自分の部下が萎縮することない職場を作ることは一番に心がけています。