読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

タイの通勤電車は毎朝満員で、会社に通勤するだけで疲れます

Sponsored Link

タイの通勤電車は毎朝満員

タイの通勤事情について

タイではバンコクにビジネスが一極集中していると思います。確かに郊外にある工業団地などでも多くの方々が働いています。しかし、ビジネスの拠点と言えば、バンコク市内にあるオフィス街が中心になっている状況は周知の通りです。

そのため、毎朝通勤で利用されるBTSやMRTの乗客数も近年は半端なく多くなっています。プラットホームに多数の人が列をなして並び、電車が来ても全員が乗れるわけでもなく、何度も乗り過ごすことは多々あります。

また、無理やり狭いスペースを見つけては、強引に押し入って乗車するような光景もよく見ます。それだけ電車で通勤するのは大変な状況になっているのが実際です。

当然ながら車もたいへん多いので、道路は到るところで渋滞しています。郊外に住む人にとっては、バンコクの中心地に向かう手段として、車以外の選択肢がないというのも実情です。

近年はこのような交通網が通勤客で混雑していることで、タイのサバーイはどこにいったのかと思うほどです。

バンコク中心地に向かう通勤で疲弊

東京の満員電車はある意味異常な混み具合ですよね。テレビ等で見ると、駅員の方が必死で乗客を押し込み、扉を閉めるような光景を紹介されています。

タイのバンコクはそこまで酷くはなく、押し合いながら社内で窮屈な思いをするほどではないです。ただし、扉の入り口周辺は、多くの人が押し合いながらBTSやMRTの列車に乗車してくると、近くにいると押されるだけで体力が消耗されていきます。

逆に駅が近づくと、乗客が狭いスペースを人を押しのけながら扉の近くに移動しようとするので、グリグリと押されるのに対して体制を崩さないように踏ん張るのが、けっこうしんどいです。

また、朝7時30分頃になれば、太陽もある程度の高さまで昇ってくるので気温があがり暑いです。そのような熱い中、プラットホームで電車を待つ間、汗がタラリと流れてきます。

そのような通勤電車で30分も通勤してオフィスに到着することには、既に一仕事終えた後のような気持ちになると思います。さぁー頑張るぞ、とはなりません。

通勤での満員電車を回避する方法

1.バンコク都心以外の地域で働く

通勤時の満員電車を避けるだけでしたら、中心街であるスクンビット(Sukhumvit)やシーロム(Silom)方面に向かう電車に乗る必要のない場所にオフィスがあれば大丈夫です。

中心街と真逆に向かう電車は、満員電車になることはありえないと思うほど、社内は空いていますし、座れたりします。

あるいは、アマタナコンやシラチャ地域にオフィスがあれば、そのオフィスの近くにマンションを借りたりすることで、満員電車とはオサラバです。ただ、オフィスに移動する交通手段がなければなりませんが。

2.通勤時間を避けた時間帯に電車に乗る

満員電車を避けるために、混雑する時間帯を避ける方法も考えられます。

例えば、朝のオフィスに到着する時間を、始業開始時間の1時間ほど前倒しすれば、朝の満員電車は確実に回避できると思います。帰宅時は、残業でもしない限り、満員電車は避けようがないですが...。

フレックス勤務や在宅勤務が可能なのであれば、可能な限り利用したほうが良いと思います。ただ、このような制度を採用している企業はタイでは少ないのかもしれませんので、もし社内制度としてあるのならラッキーですね。

3.運転手つきの車で通勤

電車を使わない方法が一番です。オフィスがマンションの近くにあるのなら、徒歩やバイク、バイタクなどの選択肢もありますが、距離があるようでしたら、車しか選択肢はなくなると思います。

ですが、通勤時間となる渋滞も酷いの、車で通勤するのもそれなりに大変です。

そのため、運転手を自分で雇うか、会社に運転手つきの車を支給してもらうかです。

ないと思います。

エゴは言わずに、タイが好きだったという理由で海外就職を決めました。

オフィスを考慮した住まいも重要

オフィスの近くにマンションを借りることができれば、毎日徒歩で通勤できるので、軽い運動として家とオフィスの往復を捉えることができると思います。

例えばアソーク(Asoke)などの都心に住むというのも1つの考え方です。Asokeには、スカイトレインBTSのスクンビット駅(Sukhumvit)と地下鉄MRTのアソーク駅(Asoke)があり、これらの駅で殆どの乗客は降りるので、この駅で乗れるなら満員電車は避けられると思います。

せやかて、サバーイ・サバーイのタイで、通勤なんかで疲弊して仕事なんかしたくないですよね。私の知り合いには、彼氏/彼女に車で送迎させている方々も多くいます。送迎される人はサバーイかも知れませんが、傍から見て、送迎する彼氏/彼女もたいへんやなと思います...。