読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

タイで就職面接をクリアする条件の1つは接待ゴルフが出来ること

Sponsored Link

タイで就職面接をクリアする条件の1つは接待ゴルフ

ゴルフは顧客の関係構築に重要なツール

顧客との関係をより親密にするためには、ビジネスにおいて顧客との信頼関係を築き上げることです。例えば、顧客の依頼に対して顧客が要求する以上の結果で応えること、急な納期短縮依頼に応えること等々です。

ビジネスにおいて顧客の満足度が上がることで、顧客からの信頼は得られます。一方で、ビジネス上でのロジカルな判断基準だけでなく、顧客も人ですので、アナログな関係を用いて関係を構築することも重要な手段です。

タイでも接待が頻繁に行われています。特定の顧客との関係を強めるために接待は行われますが、接待の内容は基本的に2つです。

  1. ゴルフを顧客とラウンドする
  2. 顧客と会食する

特にタイでは、日本よりも安くゴルフ場でラウンドすることが出来ます。当然ながら、ゴルフ場の質もかなり高いです。そのため、休日はゴルフで接待する企業がとても多いと思います。

最近では、タイ人の方もゴルフをラウンドされる方が増え、誘われたりすることもあります。タイ人にゴルフが広がった要因は、タイガーウッズの功績でしょうか?

履歴書内の趣味に記載する内容はゴルフ

タイでゴルフを接待に使う企業が多いため、求人募集をする企業の中には、面接で「ゴルフは出来ますか?」と質問することもあるそうです。私は経験したことありませんが。

タイで現地採用されるポジションでも、必要に応じてゴルフ接待が出来る方がベターです。そのため、ゴルフができることが強みとまではいかなくとも、アピールポイントの1つだと思います。

本投稿記事のタイトルでは、「就職面接をクリアする条件の1つ」と大げさに言いすぎてはいますが、求人している会社にとってはゴルフが出来ることが重要なポイントになるかもしれません。

某人材紹介会社で登録した際に「ゴルフはプレイしますか?」、と聞かれたことがあります。私は「プレイできません」と回答しました。ですが、人材紹介会社の方は「もしゴルフでの接待が必要だったら、プレイしますよね?」と、あたかも私にゴルフをやらせたい、またはプレイする気はあることをアピールしろと暗に促していました。

ゴルフを取るか、アルコールを取るか

業界によっては、接待がほぼ毎日のように続く会社もあります。以前に投稿した記事「バンコクで働くスーパー駐在員に見習う仕事術」で登場する源さんは、ほぼ毎日のように接待です。

通常の接待であれば、平日は会食、休日はゴルフということになります。源さんは接待を特に上手く利用し、顧客との関係を築き上げると供に、仕事の受注に繋げていく天才でもありました。

しかしながら、ほぼ毎日のように会食が続き、週末はゴルフになると体力的に絶対に持ちません。源さんはスーパー駐在員なので、まったく問題ないようですが...。

私はゴルフは接待だろうが絶対にやりません。基本的に暑い中、日焼けしながらプレイするゴルフが好きになれないだけなので、プレイしてみると意外に嵌ったりするかもしれませんが。

ですが、顧客との会食は頻繁に行きます。行くと言っても、多くて週に2回程度ですが。私は会食に顧客を招待するのは好きなので、特に良い顧客とは頻繁に行っています。一方で、自身が誘われる会食は苦手なので、殆ど行きません。だって、誘われた会食だと遠慮して、ガブガブとお酒を飲みにくいからです...。

日系企業との取引で信頼関係は重要だが

せっかく築き上げてきた顧客との信頼関係が、あっという間に消えてしまう場合があります。それは、良好な関係を持っている顧客のキーパーソンが、日本に帰任される場合です。2016年も4月になり、私の重要顧客のキーパーソンで帰任された方もおられます。

日系企業のキーパーソン、言い換えると決裁権限を持つポジションの方が、人事異動で別の方に代わってしまうと、新しく就任された方との関係構築を、また1から始めないといけません。新任の方が日本から赴任されたばかりですと、これまでのビジネスの経緯なども理解して頂く必要があるため、なおさら大変です。

海外の日系企業子会社は、駐在員の数を出来る限り減らしていき、現地法人は極力現地ローカル社員でビジネスが回せるような Localization を進めていくほうが、長期的な会社の成長として私は良いと考えています。

せやかて、仕事が出来ない駐在員が帰任されると伺ったときは、ホッとします。