読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

タイに形成された日本人コミュニティの過去と現在と将来

タイ・バンコク生活情報

Sponsored Link

タイに形成された日本人コミュニティの過去と現在と将来

タイで形成される日本人社会

タイのバンコクでは、多くの日本人が駐在員や現地採用社員として働いています。そのため、多くの日本人社会がタイの各地域で形成されるようになりました。日本人社会の形成にともない、日本人同士で何らかの活動を供にする日本人コミュニティもあり、長年続いています。

以前の記事にも紹介したように、タイにおける日本食料理屋の店舗数はとても多いと思います。今でこそ顧客のターゲットは中間層以上のタイ人も含まれていますが、当然ながら日本人は一番のターゲット顧客であることは間違いないでしょう。

昼食時や夕食時に日本食料理屋に入れば、本当に多くの日本人グループが、食事をしたり、飲み会をしたり、接待したりする光景を見ることが未だにできます。

ビジネスの関係上、日本人社会における日本人同士での交流は、とても重要であると思います。一方で、最近では日本人が作るコミュニティの小規模化も見られるようです。

タイでの日本人コミュニティ

タイにおける日本人社会の大きな役割を担ってきているのが、タイ国日本人会の存在です。私自身は、この会に所属していないので、具体的な活動内容は知りませんが、会費 200 THB/月 で会員になれるそうです。

過去には、9,500人の会員数がいたそうですが、年々会員数は減少しているそうです。

在タイ日本人をまとめてきた日本人会が、ここ数年は会員数が減少してきているというのである。2003年ころは9千500人程度に達した会員数は、今や8千500人に減少し頭打ちとなっている。

引用元)岐路に立つタイ日本人社会/NNA.ASIA

2012年12月25日現在では、7,741名(参照元:バンコクスマートページ)だったそうです。恐らく、2016年現在は、勝手な推測ですが、同じぐらいの会員数か減少しているのかと思います。

在留届を提出している日本人は、2014年の調査で46,367人いました。毎年、タイに滞在する日本人の数は増えているにも関わらず、タイ国日本人会に所属する人が増えていないのは興味深いところです。

タイに在住する日本人にとってもは、日本人コミュニティの多様化が進み、タイ国日本人会に入会する人が少なくなっているのかと思います。恐らく入会している方も、基本的には駐在員としてタイに滞在する方が、企業会員となっているのではと考えます。

タイの日本人コミュニティの多様化について

私自身がタイ国日本人会に加入しない理由は以下です。

  • タイ国日本人会の存在を知らなかった
  • 周りでタイ国日本人会への入会をすすめる人がいない
  • インターネットの普及で情報収集に困っていない

恐らく、企業会員のでもなければ日本人会に入ることはないのかと思います。一方で、周りで入会を誘うような方がいないというのも事実です。

ですが、私だけでなく多くのタイ在住者が感じているのは、日本人会のようなコミュニティに所属しなくても、情報を入手することが容易であるため、生活において不便さを感じていないことがだと思います。

もちろんインターネットの普及と、スマートフォンでいつでもどこでも情報を入手できる便利さのおかげだと思います。

今後は、日本人社会においては、小さな規模でのコミュニティがより増えていく、あるいは既に形成されていると思います。例えば、Facebook などで簡単にネットワークを広げられることも要因の1つだと思います。

日本人の在住者が 5万人、6万人と増えていけば、それだけコミュニティも複雑化・多様化していくのは当然かと思います。

ビジネスにおける日本人社会は小さい

タイには数万人も日本人の滞在者がいますが、ことビジネスになると日本人社会はほんとうに狭いです。逆に言えば、日本では簡単にコンタクトを取れないような方でも、タイでは既存の知り合いを伝っていけば、簡単にアプローチできたりもします。

逆に言えば、タイで悪いことをすれば、簡単に日本人コミュニティの中で悪い噂や評判も広がってしまうのは事実だと思います。

せやかて、せっかくタイにいるので、日本人とのコミュニティ形成も大事ですが、タイ人や他の国の人々とコミュニティを創り上げることも私は大事だと思います。タイのことはタイ人でなければ、わからないことも多いですので、いざとなったときに助けてくれるタイ人のサポートは大変心強いですから。