読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

タイ生活の日課は、毎朝アイスコーヒーを飲むこと

Sponsored Link

タイ生活の日課は、毎朝アイスコーヒーを飲むこと

朝の日課はアイスコーヒー

タイ生活の1日のリズムを作るため、日課として毎朝アイスコーヒーを飲んでいます。

自宅では朝起きたらシャワーを浴び、その後に熱いホットコーヒーを飲みながら、朝食を取っています。ここまでは、まだプライベートの時間です。

会社に出社するとプライベートから仕事モードに切り替える必要がありますが、そのモードを切り替えるために、私はアイスコーヒーを飲んでいます。ホットじゃないのは、単に暑いからです。

朝のアイスコーヒーを飲むと、仕事に取り組む気持ちに何故か切り替わります。単なる思い込み、と突っ込まれればそれまでですが...。

ですが、毎日続けると、いつの間にかアイスコーヒーを飲む習慣がやめられなくなります。どんなに朝から仕事がバタバタしていても、欠かさずアイスコーヒーを飲み続けています。これってカフェインの影響?

屋台のインスタントコーヒー

タイでは街中で屋台で飲み物を売っています。記事の冒頭に掲載したアイスコーヒーの写真も、屋台で作ってもらったネスカフェのアイスコーヒーです。

屋台では安いところだと20バーツ(約65円)でアイスコーヒーが一杯飲めます。屋台によっては30バーツや40バーツするところもあるのですが、屋台であればそれほど味に違いはありません。

一方で本格的なコーヒーを飲みたいのなら、コーヒーチェーン店に行くしかありません。Starbucks でアメリカーノを注文すれば、80バーツぐらいですが、屋台のコーヒーとはまったく味が違います。

ですが、タイの屋台のコーヒーもインスタントコーヒーを遣っているとは言え、飲みなれるところが恐ろしいです。最近では、20バーツのアイスコーヒーでも問題なく楽しめている自分がいます。

そんな私は、絶対にブラックコーヒーしか飲みません。甘いが苦手だからです。

ブラックコーヒーを飲むタイ人は少ない

タイの方も良くコーヒーを飲んでいるのですが、コーヒーにたっぷりのミルクと砂糖を入れて、甘い甘いコーヒーを楽しんでいます。

逆にタイでは砂糖やミルクを入れないコーヒーは、まだ文化として根付いていないため、屋台などでブラックコーヒーを注文すると、お店の人に「苦いで!?飲めるの?」と聞き返されたりします。

そのためブラックコーヒーを屋台で注文する場合、注意して作っているところ確認していないと、お店の人が勝手に砂糖やミルクを入れてしまいます。これまで、何度間違って砂糖やミルクを入れられたことか...。

気の優しい私は、「マイペンライ」と言って、甘い甘いコーヒーを我慢して飲みます。結局、コーヒーを飲んだ後に、甘い口の中を水で潤したくなり、後悔するのですが。

ブラックコーヒーの注文は難しい

最近でこそタイでも、安心してブラックコーヒーを屋台でも飲めるようになりました。それは、ネスカフェの普及でしょうか?

というのも、東南アジアではインスタントコーヒーの粉末に、最初から砂糖やミルクが加えられたものが多くあり、ブラックコーヒーを飲みたくても飲めないことがありました。未だにインドネシアなどは、砂糖入りが普通かと思います。

ご存知の方も多いかと思いますが、タイで最初に緑茶が販売され始めた頃、すべてのお茶の飲料に砂糖が加えられていました。お茶だと思って飲んだときの違和感は、壮絶なものがありました。

それほど、タイでは飲料には砂糖はデフォルトで入れられていました。

今でこそ、おーいお茶など、ノンシュガーの緑茶飲料も販売されるようになり、美味しく緑茶も楽しめるようになりましたが。

日課を楽しむのもタイ生活

せっかくタイで生活しているのですから、せかせかした社会に飲まれることなく、ゆったりと朝のアイスコーヒーを楽しんで、仕事に取り掛かることを楽しんでいます。

これが私のサバーイ・サバーイの1つです。

せやかて、最近は1日に4~5杯もコーヒーを飲んでいますが、屋台で買う朝のアイスコーヒーが一番美味しく感じます。