読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

タイのバンコクは高級車が多いが、新車価格は日本と比べて高すぎる!

タイ・バンコク生活情報

Sponsored Link

タイのバンコクは高級車が多い

バンコクの街中では高級車が多い

タイで生活していると、街中でいつも思うのが、高級車に乗っているタイ人が増えた、ということです。

ホテルの駐車場などには、数千万円もするような高級車がゴロゴロと停まっていますし、街でもベンツが多いため、ベンツは中間所得層の車?と勘違いするほどよく目にします。

羨ましいと思う反面、タイでもベンツを購入できるような中層以上の所得を得る人が増えたことに対して、タイはまだまだビジネスチャンスが日本よりもたくさん眠っていると感じます。

日本でも、ベンツを始めとする色々な高級車を目にすることは多いと思いますし、所有されている方も多いと思います。ただ、タイでの車の価格は日本よりもたいへん高いのでご注意ください。

タイにおけるメルセデス・ベンツの新車販売価格

以下の「Mercedes-Benz Thailand」の公式サイトから、新車販売価格のリストをPDFファイルでダウンロードできるようになっています。

35車種の新車販売価格がタイバーツで掲載されています。

例えば、定番のセダンタイプのモデル「C200 AVANTGARDE」の価格を見てみると、その価格「259万バーツ」です。

1バーツが約3.2円(2016年3月時点)のため、259万バーツは、約829万円となります。さすがベンツお高いです。やはり富裕層のための車ですよね。

この「C200 AVANTGARDE」ですが、価格.comで日本での新車販売価格を調べてみると、なんと「534万円」です。

タイでは、自動車に対する税金が高いと言われていますが、ベンツ「C200 AVANTGARDE」価格で比較すると、タイでの価格は、日本の約1.5倍です。

この「C200 AVANTGARDE」は、新車販売価格リストの中でも一番安い部類に入るモデルです。一番高いのは、「Mercedes-Maybach S 500 Premium」の1,690万バーツ(約5,400万円)という驚きの価格です。

高級車は社会でのステータス

新車価格がたいへん高いのは、タイだけでなく、他の東南アジア諸国でも同じです。

シンガポールなどの方が、新車価格はより高いかもしれませんし、車を購入するための許可取得がより困難であると思います。逆に車を所有していることが、富裕層である証になっているのだと考えます。

一昔前のタイでしたら、警察の検問があっても、高級車の場合は止められることなく、そのまま素通りできたというような話を聞きます。真偽は別として、この類の話はお酒の席でのネタとして、よく聞きます。

最近ではそうでもないのですが、これまで高級車を持てるのは、社会でそれなりのステータスを有する人だったと思います。日本でも、ベンツに乗っているのは社長かヤクザと言われるよう時代があったと、親から聞いたことがあります。

近頃はタイでも、家賃1万数千バーツ程度のマンションに住む人が、ベンツを所有するような時代になりました。恐らく、中古車で購入しているのかと思いますが。

タイの一般家庭でも車は重要な移動手段

最近ではタイの一般家庭でも、60ヶ月ローンを組んで車を購入する方々が増えています。私の友人も、車を所有している人がたくさんいますが、ローンで購入しているのが殆どです。

バンコクはタイの首都ですが、都内で仕事に使える電車は。BTS(スカイトレイン)とMRT(地下鉄)の2つしかありません。路線がまだまだ少ないため、行ける方面が限られてくるので、移動手段として車はまだまだ重要です。

そのため、タイでは通勤手段として車を利用する人が多いので、交通渋滞が重要な社会問題となっています。

旅行でタイを訪れた方なら、タクシーでの移動中に渋滞に巻き込まれ、時間をロスした経験をお持ちの方も多いと思います。

ところで話がそれますが、個人的にインドネシアのジャカルタが現在の交通渋滞の世界ワースト1位だと思います。2位がタイのバンコクかな?

車に乗ることで広がるタイ生活

タイで生活するうえで、車があったほうが便利であることは確かです。週末に車で片道2~3時間のドライブをしながら、ビーチにまで遊びに行くなど、車があるだけで簡単に行動範囲が広がります。

現在は車を持つことで、社会的ステータスを得ることより、便利さを増すための手段の1つと考えているのではないでしょうか。タイで長期に生活するなら、車は必要にもなってくる可能性が大きいと思います。

せやかて、自分の車を持ちたいけど運転免許がないんです・・・。