読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

社内で嫌われる「評論家」と揶揄される人たち

Sponsored Link

f:id:Pongpat:20160308224603j:plain

ビジネス俗語としての評論家

みなさんは「評論家」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか?

私が「評論家」と考えた ときに思いつくのは、宮崎哲弥氏です。最初に彼を知ったのは「たかじんのそこまで言って委員会」という関西の番組でした(現在の番組名は、そこまで言って 委員会NP)。彼の様々な事柄に対する知識については感服いたしますし、これこそが評論家なのかと舌を巻きます。

今回のトピックの対象は、宮崎氏のような知識が豊富なアドバイザーのような評論家についてではなく、社内では好意的に思われていない「評論家」と陰で俗語で呼ばれている人のことです。

会社内にいる評論家と呼ばれる人とは?

会社の中で、「XXさんは、評論家だなぁ」というようなことを聞いたことはあるでしょうか?この評論家とは、正に博識で、色々な知恵を授けてくれるような頼りになる存在を指して言っているのではありません。

私なりの言葉で表現すれば、「当事者に対して横から口出しするだけで、何もしない人」のことを言っていると思います・・・。

当然ながら、ネガティブな表現です。人を上から評価し、相手をバカにしている意味合いも含むと思います。

端的に言えば、役に立たない人、かもしれません。

会社内の評論家に分類される人の特徴

評論家と言われる人は、おおよそ以下のような方たちではないでしょうか。あなたは、以下のような条件に当てはまっていたら要注意です。

  • 自分では何もしない
  • 代替案を出さない
  • 人の意見に反対だけする
  • どことなく(あるいは明らかに?)、見下している
  • 経験論ばかりを口にする
  • 常識を盾にする
  • 新しいチャレンジに否定的

なぜ評論家の立ち位置になっているのか

社内で評論家の立ち位置になっている人は、次のような事を知らないうちに考えているからでしょうか。

  • 自分の発言に責任を持ちたくないため
  • 問題が起こった時、自分の逃げ道を作っておくため
  • 他人の評価を下げて、自分の方が優れていると示すため

どの理由も大変にネガティブです。逆に、もし自分が評論家と言われるようであれば、今すぐに自分の社内におけるイメージを変えたいと思うような見られ方です。

たしかに、問題になることを事前に想定するための否定論は大事かもしれませんが、後になって、「だから俺はあの時に・・・・と言ったのに」と逃げるような人は、好ましく思われることは少ない と思います。

私の会社にいた評論家の事例

では具体的な例として、私が経験した評論家から頂いた発言を紹介します。

  1. このままで大丈夫なの(←理由や代替案なし・・・)
  2. この案件を当社が受けるのは危険じゃないの?(←何が危険なのか不明)
  3. 客先に突っ込まれたらどうする?(←何が心配か不明)
  4. このようなことが必要になるのでは?(←後は他人任せ)
  5. 対策案はあなたが考えなさい?(←ノープランなのね)

残念なのは、他人の発言や行動に文句を言うだけで、問題のポイントを整理し、次のアクションまで導く提案が出来ないことです。

評論家の会社内における評価

評論家の人は会社にとって環境を悪くするだけで、一見不要な人のように思いますが、人によっては、経営層から信頼を得ている場合もあります。

例えば社内評論家と呼ばれる人が管理するチームや部署の業績がよければ、自ずと社内での評価自体も高くなり、経営層からも期待されるのかもしれません。これは日本の大企業にはありがちなこと、かもしれません。

社内評論家は問題点に対して反論ばかりでも、逆に部下などが対策を立てて実行し、無事に問題を解決した場合などは、チームや部署の成果となります。そうなれば評論家と揶揄される人でも、その上司からは高評価を得られるのかと思います。

だから優秀な部下に仕事を任せておき、自分は評論家としての役割を担っておけば、自然に社内での評価は上昇する、という美味しい構図が出来上がる可能性もあるのかもしれません。

ただし、あなたが社内での評価がどうであれ、評論家と呼ばれるような人になりたくないのであれば、先ずはこれまでの自分の仕事における姿勢を、振り返ってみることが大切なのかもしれません。

もし悪い状況になりそうであれば、出来るだけ早い段階で手助けをすることや、改善策を一緒に練り実行すること、他に助けを求めることなど、自らが動ける存在になるほうが良いと思います。

せやかて...

部下に仕事の進捗状況を確認するときに、上司として彼ら/彼女らに考えてもらいたいと思って否定したにも関わらず、当事者にとっては「ポンパットは現場のことを何もわかっておらず、自分では何もしない評論家だ!」と思われているなら、凹みますよね...。