読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

サービス残業は論外!脱社畜の第一歩は残業を減らすこと

脱社畜と海外就職

Sponsored Link

脱社畜の第一歩は残業を減らすこと

日本人は長時間労働を美徳と考える

長時間労働を美徳と考えている方は、特に日本人で多いと思います。

そのため、サービス残業という労働基準に違反するような習慣がまかり通るのだと思います。みなさんの会社もサービス残業はありますか?

先ずは脱社畜を考える上で、サービス残業は論外です。サービス残業を強いられるような仕事環境には見切りを付けて、新しい道を選択するほうが良いでしょう。

一方で、業務量が多く、残業手当付きで残業せざるを得ない方々も多くいると思います。そのような環境を会社は改善するように努める必要がありますので、無理に業務量を残業で増やす必要もないと思います。

残業が必要なの場合は、突発的なトラブル処理等で早期に収束できるような場合のみと考えられるようになることが理想です。慢性的に長時間労働が続く場合には、会社としてのマネジメントが機能していないのは明らかです。

残業自体を減らすためには

会社として残業自体を減らすため、何が残業に繋がっているのか原因を見つけ、改善していくことが求められると思います。私がこれまでに業務を無駄に長くする原因について思い当たる2つの事例を紹介します。

1.人的リソースが不足している

これまでに経験した中で一番多かったのは、対応すべき業務の量に対して十分な人的リソースが足りていない場合です。

これは新しく人を採用するか、他部門から人を異動してもらうかなど、マンパワーを増やす以外にありません。

管理職は各スタッフの業務量を把握することで、仕事が特定の人に偏らないようにすることも必要ですし、誰かが休んだときに業務が止まることの無いように、業務を部門全体で回せるような体制を整えておくことが必要です。

2.無駄な会議を減らす

業務の中で会議は重要なこともありますが、無駄な会議が開かれている場合には、率先して会議内容を見直す必要があります。

  • あらかじめ時間が定まっていない会議
  • 会議の目的(決定する議題)が明確でない会議
  • 発言しない人も参加する会議
  • メールで情報共有すれば完了するような会議

会議自体を否定しませんが、無駄な会議が会社で頻繁に開催されているようでしたら、それは残業に繋がる無駄な時間です。

特に会議を主催する人は、効率よく短時間で議題について結論付けられるように取り仕切る必要があります。事前にアジェンダを会議参加者に連絡し、会議中に議事録はまとめ、今後の課題は会議の中で明確にする必要があります。

海外でも残業を良しとする日本人が多い

海外で働く日本人の多くは、日本で就労経験を積んだ人が殆どです。そのため、日本の良いビジネス習慣をタイでも上手く活用できている人が多いと思います。

一方で、悪しき日本企業の風習、遅くまで働くことを良しとする日本人が多いのは事実です。これは、駐在員であろうが、現地採用の日本人であろうが関係ありません。

そのような長時間労働を良しする方々は、残業せずに定時に帰宅するような社員たちを「努力が足りない」などと評価しているのが事実です。成果を出しているのに、結果として評価が低くなるような環境は、たいへん残念だと思いますし、働く側もモチベーションが上がらないと思います。

もし自身の成果とは違うところで評価されてしまうことに不満を持っているのであれば、私は成果主義の会社に転職することも1つの視野に入れたほうが良いと考えます。逆に成果が出せないときは、相応の評価を受けるので、メリットとデメリットなのかもしれませんが。

海外では非日系企業での就労がお勧め

タイで日本人を募集している企業の割合は、圧倒的に日系企業が多いのは事実です。そのため、就職先の候補としては、殆どが日系企業になると思います。ですが、もしあなたが、非日系企業で働けそうなチャンスがあるのでしたら、日系企業ではなく、非日系企業で働くことも検討しては如何でしょうか?

非日系企業での文化は、ほぼ欧米化された制度が採用されているので、効率や成果重視で評価されることが殆どです。色々な企業があるとは思いますが、自身の将来を考えるなら、非日系企業で成果を出していくことで、より大きな責任を持てることや、給与等の待遇改善を自ら掴めるチャンスが大きいと思います。

当然ながら、待遇や昇給などの面は、面接時や採用前の交渉時にしっかりと確認しておくことが、後々の失敗を防ぐために必要です。応募先に対して、その社内での具体的なキャリアステップを教えてもらうことも良いと思います。

せやかて、企業側も採用するときは色々と甘いことを言うので、最後の判断はあなた自身にかかっています...。