読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

いつでも長期休暇や連休が取れる海外の仕事環境

Sponsored Link

長期休暇や連休が取れる海外の仕事環境

好きな時期に会社を休める権利

日本では、有給休暇(Annual Leave)は社員が取得できる権利だ、というような主張を聞いたり、ネット見かけたりすることがあります。

海外では、当たり前すぎてそのようなことは議論にもなりません。有給休暇(Annual Leave)を取得したかったら、自分で計画して取得すればよいのです。

私も有給休暇は適度に取得し、タイ国内旅行に出かけたりしますし、近隣の国に遊びに行ったりしています。

仕事も大事ですが、余暇を充実させることも重要です。そのために、仕事では効率性を高めることや、短時間で結果を出せるように試行したりします。また、休暇を取得しても業務に影響が出ないように、社内での調整も日頃から必要ですが。

全ては結果で評価されるので、自己管理も欠かせないのは確かです。

有給休暇は余暇のための休み

以前の記事で紹介していますが、海外では「Sick Leave」という制度があります。この Sick Leave は、病気の際に有給で会社を休めるために使います。

日本では Sick Leave が整備されていないため、体調不良や風邪で会社を休む場合には、年間に与えられた有給休暇を消化する必要があります。

海外では、Sick Leave と Annual Leave は別に取得できるので、年間に計画した休暇を取得することが可能です。

海外でも日系企業は悪しき習慣のまま

海外にある日系企業で働く日本人たちにとって、有給休暇(Annual Leave)を取得するのは業務に支障が出ると他の方に迷惑をかけるので、簡単に有給休暇を取得するのは難しいと考えていますし、まして長期休暇なんてとんでもないという考えがあります。

そのため、長期休暇を取得するにしても、日本側の休みであるゴールデンウィークか、年末年始ぐらいしか時期がないというのが一般的です。タイではソンクラーンなどの国の休日や祝日は休まざるを得ないですが。

確かに、日本から出向で駐在に来ているような方々は、海外で働いていても日本からの業務指示等に従う必要があったりするため、簡単に自信の働く国のルールだけで仕事をするのは難しいと思います。

そのような環境で働くことを受け入れるのなら、それで良いと思いますが、自分には合わないと思うのでしたら海外の外資企業で働くことも選択肢になると思います。最近は日系企業でも超絶ホワイトな会社も増えているので、一概に海外だけが最高とは限らなくなっているとは思います。

海外で働く日本人も十人十色

日本人の方々と仕事を一緒にすることが多いですが、だいたいの方々は勤勉で真面目だと思います。そのような方々に休暇は取らないのか聞いてみると、「残業するぐらいに忙しいので休暇を取得する余裕がない」というような回答が返ってきます。

日本人の方々は真面目なのはわかりますが、生産性が悪いのか、要領が悪いのか、忙しいという口癖の人が多いと思います。

一方で、定時出社し定時帰宅するような方々もいます。有給休暇の消化率はほぼ100%で、業務にも支障を与えないような働き方をされている方もいます。

また別の例ですが、既に有給休暇を早々に消化してしまったので、Sick Leave で会社を休む人もいます。Sick Leave は3日以上休む場合には医者の診断書を会社に提出する必要があったりするのですが、2日以内なら休暇届けだけで問題ないので便利です。

年間の休暇日数は140日ぐらい

単純計算で、1年は52週あるため土曜日と日曜日が計104日あります。タイので祝日の15日あります。有給休暇が年間14日程度あります。病気の際には Sick Leave を使いますし、陸運局等に行く際には Business Leave を使えます。また、飛び石連休の場合は間にある平日も休みになったりもします。

一年間でざっと計算しても、140日ぐらいは休暇で仕事していないと思います。逆に残りの約220日間で1年間の成果を出さないといけないと考えると、けっこうシビアですね。

せやかて、余暇なくして仕事は出来ません。