読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

頼むから病気のときは出社せず、家で休養して下さい!

脱社畜と海外就職

Sponsored Link

病気のときは出社せず家で休養

病気で出社することは美徳とする日本の悪しき文化

皆さんの会社は、病気のときでも、無理してでも出社することを強要するような文化がありますか?あるいは、病気で体調が悪いときでも出社すれば、頑張っていると評価されるような会社ですか?

私が以前に日本で働いていた会社では、病気のときにも休まずに出社して業務に取り組むのが素晴らしいという考え方がありました。確かに病気になるのは体調管理が出来ていないため、反省する必要もありますが、100%防げるものでもありません。

ただ病気でも仕事するのは当たり前、仕事が何よりも優先事項という、日本の悪しき文化は早くなくなって欲しいと常々思います。特に管理職以上の方がそのような考えを持つと、部下が病気の際に休み難い状況となってしまいますし。

海外では Sick Leave で休養するのが当たりまえ

以前に投稿した記事でも紹介しましたが、海外ではSick Leaveが社規定にあるのが当たり前です。そのため、風邪を引いた時には皆、Sick Leave を使って有給で会社を休み、休養します。

日本には Sick Leave なんて制度がないと言ってしまえばそれまでですが、病気のときに無理してでも出社することを認める会社が多いのは、如何なものでしょうか。

日本もグローバル化を進めているのでしたら、Sick Leave を取り入れるような柔軟さがあっても良いと思います。ただし、Sick Leave という制度を知らない人も多いと思いますので、今後は Sick Leave の認知を広めることから始める必要があるかもしれません。

病気にも関わらず出社することの無意味さ

病気になっているにも関わらず出社し、仕事することにはメリットはないと思います。むしろデメリットばかり。例えば以下のような例です。

1.病気を他の社員に広げる可能性あり!

風邪を引いているにも関わらず、無理して会社に出社するような場合、本人は良くても、周りにいる社員にとっては迷惑千万です。

風邪なら他人に移す可能性があるため、結果的に他の人に迷惑をかけるかもしれないのに、自分の都合で出社する人は何を考えているのかと思います。

このような考えが日本には根付いていないのは残念です。

風邪を引いたときには上司が積極的に自宅療養するようにと指示すべきです。

2.体調不良時に仕事ができるのか?

マスクを着け、ゴホゴホと咳をしながらオフィスで仕事をしている人を見ると、作業効率は問題ないのか、と疑問に思います。

体調が悪いときは休養を取り、少しでも早く回復をすることが先決だと思います。

たしかに重要な仕事が滞るなどの理由があるかもしれませんが、それをカバーできないような業務体制は見直しの対象とも考えられます。

確かに全てのケースを否定するのは困難かと思いますが、体調不良にも関わらず仕事する人は、信用できません。

以前の会社での出来事ですが、ある上司が「今日は下熱剤を飲んで熱を下げて仕事に取り組んでいます(ドヤ顔)!」と言っていたのを聞いて、変な考えとしか思いませんでした。

働き方の多様性を見直す

最近では、インターネットの普及によって、自宅でも会社のメールを閲覧できるような環境の方は多いと思います。あるいはリモートデスクトップで、会社の作業用PCにアクセスできたりすると思います。

このような IT の普及を上手く活用して、何かあったときに自宅でも対応できるように社内システムを整備しておく必要があると思います。

そうすれば、病気のときに会社に出社せずとも、自宅で他の社員に病気を移す心配も無く必要最低限の業務に対応することができると思います。

タイでも自宅からのリモート勤務は当たり前

タイでもインターネット環境が格段に良くなっています。最近では自宅からリモートで仕事できるような環境を用意している会社も増えています。

是非に多用な環境で勤務できることを許可するような会社が増えればよいと思います。一方で、どこでも仕事の環境にアクセスできることは、休みの日でも仕事の対応をしなければならない状況に陥る可能性も否定できませんが。

せやかて、横の席の人がインフルエンザやのに、インフルエンザなのに出社したことを自慢してきたときには呆れました・・・。ここが変だよ日本人。