読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

マネジャークラスの管理職を降格できないタイの日系企業の現実

脱社畜と海外就職

Sponsored Link

マネジャークラスの管理職を降格できないタイの日系企業

年功序列でマネジャーになる人事制度

日本でも未だに年功序列で管理職に昇格する人事制度をもつ会社が多いと思います。特に大手企業や公務員に当てはまりやすいことなのかと思います。

年功序列制度は確かに経験を積んだ人が管理職に相応しいという、1つの物差しで考えれば、とても合理的な判断基準だと思います。ところが弊害として、ただ年齢を重ねているだけで、仕事が出来ない管理職を増やしてしまうことも、負の側面としてあるのかと思います。

どちらが正しいのかはわかりませんが、ある程度の役職までは年齢によって就任できることも1つの制度として、受け入れてよいのかもしれません。

過去に聞いた自衛隊の話では、防衛大学校を卒業した場合には、卒業後は幹部候補生として養成され、一佐(昔の階級で言う大佐)までは年功序列で昇格できるそうです。ただし、それ以上の上位職については本当の実力主義の世界だそうですが。

人事制度は、会社の規模によっても適用できる条件か/できない条件かが決まってしまうため、簡単に一纏めで判断できないこともあります。

ただ、今後は能力が無ければ、管理職以上に就くことが難しい社会になると思います。

管理職を降格できる人事制度の実際

先日、以下のブログにて、管理職を降格できるような人事制度を作りたいという話が投稿されていました。

管理職の人を降格すれば、社内的に良くない考えが生じてしまうので、降格ルールを積極的に採用するのは難しいという事例です。そのため、マネジャー等の管理職を設けず、プロジェクトとして任期付きリーダーに任命すればよい、という考え方を紹介されています。

私もマネジャークラスの管理職であれば、降格できるような人事制度を設ける方が良いと思いますし、その制度によって、若手に対するチャレンジの機会を増やすことができると思います。

 仕組みとしてどのような制度が今の会社に最適なのか考えるのが、役員以上の役割なのかと思います。

管理職を降格させる日本企業の実例

私が知る会社の1つに、日本ではブラック企業として「2chねる」でもリストに挙がる会社があります。一方でその会社は、積極的に優秀な社員を管理職に昇格させ、ある程度の任期内で結果を出せなければ降格する人事制度を採用していました。

毎月の人事からの通達で、管理職になった人の名前とその所属が社内全員に通知されると供に、降格された人事通達も同時に社内全員に通知されます。

実際に降格された人と話をしたわけではありませんが、結果が出せなかったことで降格されたため、本人は納得しているそうです。当然ながら、管理職に昇格されるときには、その条件についても人事から詳細な事前説明があるそうです。

結構良い感じの人事制度を有しているのに、この会社がブラック企業と言われているのは、降格されたような人や、昇格できない人が妬みで否定的な意見をネットで発言しているからかもしれません。

一方で、事実としてワンマンな経営者が人事裁量権を持つため、気に入らないマネジャーがいた場合には、経営者の一存で何でも決まってしまうこともあるそうです。

優秀な若手が活躍できる職場が理想

長年の会社に対する功労者に、その経歴に見合った待遇や報酬を用意することは悪いことではないと思います。例えば、スタッフレベルでは優秀でも、管理職には向いていない人もいたりするためです。

一方で、管理職は会社にとって各事業やプロジェクトを任せるための責任者であるため、必要不可欠な存在でもあると思います。

そのため、管理職については若手でも優秀な実績を出せると判断すれば、積極的に昇格できる人事制度が良いと、私は思っています。

タイで日本人は管理職になって当たり前

タイではワークパーミットの取得のために、日本人の役職は最低でもマネジャーとして申請する必要があります。社内での役割がスタッフであろうと、アシスタントマネジャーであろうと関係ありません。

ですが実際には、タイ人より高い給与を平均的には支払うため、採用する会社としては将来的には管理職として雇用することを考え採用しています。

せやかて、タイでも人材の採用難から、管理職に向いていないような人がマネジャーだったりします。もし、そのような会社で働くことになり、変なマネジャーが自分の冗長になった場合、運が悪かったと思って、1日でも早く自分が管理職になれることを目指すしかありません。