読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

意味がわからない!就業開始15分前までに来社を強要するクソ上司

脱社畜と海外就職

Sponsored Link

f:id:Pongpat:20160320005922j:plain

就業時間は守らなくて当たり前?

社規定に就労時間は定められていますが、この就労時間を守らない会社が多いのは日本の悪しき文化だと思います。皆さんの会社は、規定された就労時間通りに働ける環境でしょうか?

日本にいたときの職場は、9時~17時30分という就業時間でした。昼休憩は12時~13時に設けられていました。8時間弱と言うラッキーな環境です。

ところが、この会社の朝の習慣として、8時55分から各部門ごとで、毎日朝礼が実施されていました。就業時間が9時から開始であるにも関わらず。

実際に社畜として働くなら、会社の指示に従うのは絶対であり、指示を守れない場合には厳しい評価で査定を下げられるのかもしれません。

上司の一言「日本人は始業15分前に来社すべし」

ファッ!?という返答を人生で初めてしたことを覚えています。

私が以前に勤めていた職場には日本人とタイ人がいました。始業時間は9時からです。当然ながら毎朝就業開始の5分前、8時55分から朝礼が始まります。

私はだいたい朝礼の開始前までには、会社に到着するように心がけていました。当然ながら、遅刻はしたことはありません。

ところがある日、上司から呼ばれ、彼の元に行くと、「いつも就業開始前のギリギリにオフィスに到着するのは感心できませんね。日本人なら最低でも15分前には出社するように!」との、ありがたいお言葉。

私も別に揉め事を上司と起こしたくないので、「承知いたしました」とは返答しました。ただ、15分前と言う時間設定が意味不明であったため、そのことを聞き返してみたのですが、上司からは「15分前に来社するのは常識」という更なる有難い回答を頂く始末。

自分の常識、他人の非常識とはこのことでしょうか。何の根拠もなしに他人に自分の意見を押し付ける上司に、残念ながら失望したことを覚えています。

就業時間外に対する拘束

上司から15分前に来社するように言われてから、一応は15分前には出社するように勤めました。当然ながら、15分前に出社したからといって、何も変わるわけでもありません。

この出来事があってから数年たち、自分自身が管理職として、部下の就業時間を管理するようになったとき、就業時間についての通達が経営層から届きました。内容は「日本人は就業開始15分前には出社すること」というものでした。

このときに初めて、以前に上司から15分前に出社するように指導を受けてた理由がわかりました。つまり、上司も会社の支持に従わざるを得なかったのだと。

私は会社からの15分前出社の指示に納得できなかったことと、部下に対して説明できないことから、会社の指示には従わないこと決めました。つまり、部下に対しては就業開始9時までに出社することと、就業時間内に業務を終わらせることだけを厳格に指示しました。

おかげで部下からは、時間管理ができる上司として信頼を得ることが出来ただけでなく、部署内で業務の効率化について改善する意識を持てるようになったことは確かです。成果は出すが、残業はしない環境を作ることができました。

就業時間内の業務効率化は絶対

就業時間内で業務を回せる事は非常に重要なことだと思います。決められた時間内に業務が完了できていないのは、やり方に問題があるのか、人的なリソースに問題があるのかなど、問題を明確に見つけることが可能になります。

グローバル企業を目指すうえで、就労時間を意識することは非常に大事だと思います。会社としての業務の効率化など、様々な課題を洗い出すだけでなく、従業員の就労における満足度を向上させるためにも。

せやかて、ルールはルールやけど、ガチガチに縛るのも窮屈やね・・・。