読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

海外の駐在員時代の思い出から抜け出せない残念なタクシー運転手

Sponsored Link

海外の駐在員時代の思い出から抜け出せない残念なタクシー運転手

海外駐在員の高待遇は一時の夢

海外に駐在員として赴任すると、日本では考えられない待遇で働けるため、海外駐在員というポジションから抜け出せない人が多くいると思います。

タイでは、美味しい料理が食べられるレストランがたくさんあり、治安も比較的安全、ナイトスポットも充実しているなど、色々と生活の環境的に良いことから、タイで生活することを気に入る方が多くいます。

そのようなタイで駐在員になると、色々と待遇面でよい思いも出来たりします。例えば次のような待遇が待っています。

  • 日本より役職や決裁権限が増える
  • 人事権をもてる
  • 海外就労手当てを日本の給与以外で得られる
  • 運転手付きの社有車で通勤する
  • 会社負担で、都心の高級マンションに住める

駐在員として働くと、多くの方が日本にいたときに、生活水準が上がると思います。そのため、それが自分の実力と見誤ってしまうこともあると思います。

元タイ駐在員の駐在員時代

私がタイ料理店で知り合った方は、元駐在員としてタイの広告代理店で働いていた経験があるそうです。

その方は、タイでの駐在員時代の自分の待遇を次のように説明してくれたのですが、確かに凄い待遇だと思いました。

  • 夫婦2人でタイに駐在
  • 月25万円の都心の高級マンションで生活(会社が費用負担)
  • 通勤や日常生活の移動は、運転付きの社有車
  • 日本の給与に加え、タイ生活の手当て約30万円を受ける
  • 年2回の日本帰国を会社が費用負担
  • 自分の好きなように接待費用を使える
  • 週末は会社経費でゴルフ

かなり前の話だとは思いますが、そのような時代もあったのでしょうか。今でも役職によっては、この程度の手当てを受けることは可能なのかもしれませんが。

元タイ駐在員の日本でのその後

その元駐在員としてタイで働いていた方ですが、現在は日本でタクシーの運転手として働いているそうです。

理由を聞けば、彼曰く「チャンスを得られたときに、いつでもタイに行けるように、タクシー運転手をしている。」とのことです。

タイ時代の話を聞けば、華やかな生活をされていたそうで、その時は良かったのかもしれませんが、その後、景気低迷などを理由に会社を退職することになったそうです。

ですが、今でもタイ時代の思いが忘れられず、いつかはタイに戻り、以前と同様の生活を手に入れたいと考えているそうです。

彼には、今後どのようなチャンスが待っているのかはわかりませんが、タクシー運転手として10年くらい働いており、現在は50代の方でも、チャンスが巡ってくる事はあるのでしょうか...。

駐在員は待遇が高いが苦労も多い

駐在員は、その待遇ばかりが注目されてしまいますが、異国の地で生活をすることはたいへんなことだと思います。タイは比較的めぐまれていると思いますが、タイ以外の国では、まだまだ不便な国も多くあると思います。

そのような辛い環境でも、会社として成果を挙げるために努力している駐在員の方が多くいらっしゃると思います。

一方で、駐在員になって高待遇を得ることで、現地ローカルスタッフを見下したりと、勘違いする人もいたりするのは残念です。

せやかて、数年でも会社の仕事で駐在員になれるのはラッキーです。やはり海外での経験を会社の費用で得られることは、特に大きいと思います。