読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

バンコクで働くスーパー駐在員に見習う仕事術

脱社畜と海外就職

Sponsored Link

バンコクで働くスーパー駐在員

バンコクで働くスーパー駐在員

バンコクで公私共に仲良くしてもらっている、駐在員のおっちゃんに「源さん」と呼んでいる人がいます。源さんはあだ名なのですが、見た目の風貌から大工をやっていそうな出で立ちで現れたことがあり、それ以来、源さんと呼んでいます。

源さんの見た目はガテン系なのですが、仕事は非常にきめ細かく、かつ頼りがいがあるため、お客さんからの信頼も厚いおっちゃんです。

彼は既にタイで5年目になるそうですが、タイ語も英語も殆ど話せないという弱みもあります。ですが、源さんには愛されるキャラがあるため、日系の企業からガンガン仕事を受注してくるスーパー営業マンでもあります。

源さんは、お友達として楽しいだけの方ではなく、仕事においても色々と尊敬するところがあるため、今回の記事では源さんから学んだ、仕事に対する姿勢を少し紹介したいと思います。

大手企業の肩書きを持つ源さん

源さんの見た目は、ガテン系あるいは体育会系の風貌なので、一見すると工事現場でお勤めの職人さんなのかと初対面の方は絶対に感じるはずです。

ところが源さんの名刺を貰ったときに、彼の勤める会社は、従業員4,000人以上、売上高1,000億円以上の大手企業につとめるビジネスマンであることがわかりました。

更にタイでのポジションは、副社長。当然ながら、住まいはスクンビットの良いところにある高層マンションで、100平方メートルを超える豪華な部屋を1人で借りているとのこと。家賃も月額8万バーツだそうですが、源さん曰くは風呂に入るとき、寝るとき以外は、基本的に家にいないそうです

役職からすれば当然の住まいですが、ガテン系の源さんには、バンコクの中華街であるヤワラーにでも住んで欲しいところです。

源さんの尊敬できる3つ凄いところ

1.副社長なのに自分で運転

駐在員としてバンコクで働く日本人の方の殆どは、運転手付きの社用車を個人に与えられていると思います。

通勤や客先への訪問、週末のゴルフなど、移動が必要な場合には運転手が行き先まで運んでくれるのが普通かと思います。

しかし、源さんは自分で車を運転します。週末のゴルフも自分で運転士、ゴルフ仲間を迎えに行ったりもするそうです。

運転するのは危なくないのかと思うのですが、源さん曰く、「タイ人運転手に、自分の命を預けるほうが怖い」とのことで、自分の身は自分で守るべきとのことです。

でも、打ち合わせの時に、駐車場に車を停めるのに時間がかかりすぎて、よく遅刻してしまうそうです・・・。

2.完璧を追及した徹底した研究家

源さんは1つのことに対すて集中するタイプで、常に最高かつ完璧を目指そうとする性格です。言い方を変えれば、凝り性とでも言いましょうか。

彼の趣味はゴルフ。タイに赴任してから始めたそうですが、今では嵌りに嵌って、毎週末は必ずゴルフに行っているそうです。

彼の8万バーツのマンションには、ゴルフクラブのセットが数セットあり、未使用のクラブも数十本ならんでいます。また、玄関もビジネスシューズよりゴルフシューズの方が多い始末。

彼のゴルフに対する熱心さは仕事にも活きているようで、お客さんとの商談でもゴルフクラブのお勧めの話や、練習方法などのアドバイスをすることで信頼を得ているそうです。そのため、常に最新の情報を入手しておく必要があり、仕事以上に忙しいそうです。

彼曰く、知り合いのゴルフ雑誌に寄稿しようか、と迷っているそうです。趣味がそのうちに本業になりそうな勢いです・・・。

以前、源さんのオフィスに遊びに行ったとき、彼が汗だくになって出てきました。客先を走り回っていたのかと思ったのですが、源さん曰く「気分転換に、部屋でゴルフの素振りをしていた」とのこと。気分転換に素振りしていたといっても、汗だくになるまで集中して練習する姿勢に閉口しました・・・。

そんな源さんですが、次の日に朝からゴルフだというのに、2時~3時ぐらいまで飲みに付き合ってくれるほど懐が深いです。単に酒飲みなだけかもしれませんが。

更に凄いのは、源さんは今まで一度もゴルフには遅刻したことがないそうです。

3.他社商品もガンガン販売する営業力

源さんの仕事は、自社の製品を販売し売上を伸ばしていくことなのですが、彼の売る商品の30%~40%ぐらいは他社商品だそうです。

いわゆる仲介料を取って販売する商流がメインです。決して彼の会社がこの商流を押しているわけではなく、源さんだから売れるそうです。

というのも、お客さんが購入したいと思っているものを、商社のように何でも仕入れて、お客さんに販売しているとのこと。

源さんのお客さんとの関係作りがめちゃくちゃ上手いため、懐に入り込んでしまっているそうです。そのため、お客さんも源さんに何でもお願いしてしまうようです。傍から見たら、源さんはお客さんの秘書かと疑うような感じです。

あまりにもお客さんとの関係が濃密なため、お客さんのスキャンダルようなネタも源さんは色々と持っています。酒の席で色々とそのようなネタを紹介してくれたりするのですが、タイの日系企業の裏ニュースという雑誌にしたら売れそうな話ばかりです。

タイの日本人にもいろいろ

タイで働くこと場合には、日本から出向してきた駐在員と、現地で雇用されている現地採用者、そして起業された方の3パターンが主かと思います。それぞれで面白い方がいますが、当然ながら一癖も二癖もある人も多いです。

タイに来てせっかく知り合えた日本人の方とは今後とも末永くお付き合いしたいですが、私がこれまで知り合ってきた人は DAVEちゃんや源さんのように超個性的な方ばかりです。

日本にいたら知り合えないような方でも、タイでは知り合えるチャンスが色々とあると思います。これも海外で働く魅力の1つかもしれません。

せやかて、一癖も二癖もあるような人とのお付き合いは願い下げです・・・。