読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

海外就職希望者は必読!海外で働く場合の雇用形態は3つの選択しかない

Sponsored Link

海外で働く場合の雇用形態は3つの選択しかない

海外で働く方法は3つ

海外で働きたいと思ったとき、どのような方法で働けると思いますか?

実際に自国以外の海外で働く場合に、我々は 3つの選択肢から働く方法を選ばなければなりません。わずか3つの雇用形態からしか選択できないのです。

  • 起業して自身が会社のオーナーとして働く
  • 海外グループ会社に出向して、駐在員として働く
  • 現地企業の採用面接を通じて雇用されて働く

海外で働くためには、基本的にワークパーミット(労働許可証)を持たないと就労することは出来ません。ひょっとすると、必要の無い国や地域があるのかもしれませんが...。

海外で生活したければ、金銭面での問題さえなければ就労する以外に、色々と方法はあります。しかし、就労しながら海外で生活する方法は上記3つに限られてしまいます。

今回は、3つの就労条件について、タイ現地での実際を紹介したいと思います。

1.現地での起業家として働く

海外の現地で、自身が会社のオーナーとなり、会社設立を行い起業する方法があります。当然ながら、自身が全てを取り仕切ることが出来るため、好きな方法で会社を運営することが出来ると思います。

しかしながら、一番に問題となるのは会社を設立・運営する資金です。会社を健全に経営するのであれば、会社の登記から始まり、人材の採用、会社の事業経費等の支払いが必要になるため、資金がなくなれば、たちまち経営が困難になってしまいます。

また、会社の登記を行わなければ、就労ビザも取得できないため、取得しないままでは不法就労になってしまいます。たしかに、バレない方法で就労することも可能ですが、ビジネスを拡大する上で、会社の登記は必須だと思います。

原則的にタイで企業する場合には、資本金 200万 THB(約600万円)と株主3人を準備する必要があります。登記が認められた後に、就労ビザ(あるいは投資ビザ)を取得すると供に、労働許可証(ワークパーミット)を申請する必要があります。

2.自国の企業からの出向し、駐在員として働く

日本で雇用されている方が、海外の支社等へ出向するケースがあります。このようなケースで海外で働いている人は、一般的に駐在員と言われます。

日系企業の場合では、駐在員としての任期は約3〜5年というケースが多いと思います。もちろん最初から任期が決まっていることは少なく、滞在期間は流動的に決まることもあり、私の知り合いは10年以上もタイで駐在員として働いています。

駐在員としての責務を終えた後には、日本に帰国する場合や、更に他国に異動することもあったりします。

海外で働く場合は、この駐在員が一番待遇が良いと思います。というのも、駐在員になると、日本で受けていた給与に加えて、現地での就業に対する手当てが色々と得られるからです。

駐在の手当てとしては、国外就労手当て(ハードシップ手当てなど)や、運転手付きの車を会社に用意してもらえること、高級マンションの賃貸費用を会社に負担してもらえることなど、色々と場合が多くあります。

一般的に待遇面で、次に述べる現地採用とは雲泥の差があります。海外で働くなら、絶対に駐在員待遇で就労できることが望ましいです。

3.現地企業で現地採用として働く

3つ目の雇用形態としては、現地企業に直接雇用される現地採用です。

よくある採用までの流れとしては、海外の現地の人材紹介会社に登録し、求人募集している現地企業の紹介を受け、面接等を通過すれば採用される方法です。

当然ながら、就労する国によっては、上述の駐在員とは待遇面で雲泥の差が生じてしまいます。特にタイなどでは、最低賃金 5 万 THB /月という条件です。この条件に、現地待遇の保険やインセンティブが付きますが、年収300万円以下という人は多いと思います。

ただ、収入面では低いということはありますが、食費や家賃などが日本よりも安価に済ませることができたりするため、金銭面で苦労することは少ないかもしれません。

一方で、治安の悪い国や、求職者の少ない国では、求人募集しても採用が困難なため、高待遇の条件を出していることもあります。例えば、現地採用でも、運転手付きの車が会社から支給されるなど。

当然ながら、現地採用者でも高待遇の方も多くいますので、一概に現地採用に夢はないとは言い切れません。ケースバイケースです。

先ずは日本で就労経験と実績を積み重ねる

私としては、就労経験も殆どないまま海外に飛び出すのは賛成しません。先ずは、日本で就職し、自分の希望する業界での就労経験を積むこと、そして自分の自身に繋がる実績や成果を出すことです。

特に一番大きいのは、日本の企業では新入社員に対して研修を実施することが多いためです。タイなどで、現地採用として働く場合、研修などは受けられないことが殆どです。そのため、即戦力として期待できない方には、高待遇の採用条件で雇用されることはありません。

せやかて、駐在員として海外に行きたくても、簡単にチャンスを得られることは少ないかもしれませんし、日本で思い描くような会社にすら就職できないこともあるかもしれませんが...。

 

Photo credit: jrmyst via Visualhunt / CC BY-NC