読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

日本と比べ物にならないコストパフォーマンスが高い交通手段タクシーを活用

Sponsored Link

コストパフォーマンスが高い交通手段タクシー

タイの交通手段といえばタクシー

タイでは、未だに公共の交通機関が発達していないため、バンコク都内でもタクシーを活用した移動が一般的です。実際に、BTSやMRTなどの電車の駅も増えてきましたが、まだまだバンコク都内を網羅できていないため、少しの離れた場所に行くには、タクシーが必須です。

ただし、日本と違ってタイのタクシーは料金が非常に安いです。

国際空港からバンコクの街中まで、高速道路の料金込みで約1,000円程度で移動することができます。

公共のバスや電車を使えば、より安く移動することは可能かもしれません。ただ、タクシーの手軽さと便利さ、それに対する料金の安さはハッキリ言って、日本などとは桁違いに凄いです。

1点、タクシーのデメリットがあるとすれば、タイの交通渋滞に嵌ると最悪ということです。通勤や帰宅時間の時間帯だけ、うまく外すことが肝心です。

タイのメーター・タクシーの料金

タイのタクシーは基本的にメーターで料金が決まります。メーターがないタクシーはバンコク都内では既に見ることはないと思います。

タクシーは、走行距離と料金の関係は以下の通りです。

  • 0~2 km:35 THB / km(初乗り運賃)
  • 2~12 km:4.5 THB / km
  • 12~20 km:5 THB / km
  • 20 km以上:5.5 THB / km
  • 時速 6 km以下の走行時には 1.5 THB / 分

タイでタクシーに乗る際のルール

タイでタクシーを乗る際には、日本とはまったく異なるルールがあります。

  • 乗車前に、車外からタクシー運転手に行き先を告げる
  • タクシー運転手がOKといえば、乗車する
  • NOと言われれば、仕方なく別のタクシーを捜す
  • タクシーに乗車したらメーターが動いているか確認する
  • 目的地に到着したら、メーターに表示された金額を支払う
  • 500または1,000 THB札などの高額紙幣は極力使わない
  • タクシー運転手によってはつり銭の小銭を持っていないため面倒なことに
  • 数バーツのつり銭は、もらえないこともあるので、その時は諦める

上記は旅行者の方は必ず守るようにしましょう。下手すると、トラブルの元にもなりかねませんので。タイではサバーイサバーイの精神で、大らかに構えてください。

けっこう、運転手と乗客との間のトラブルは多いと思います。特にルールを理解していない旅行者が、タクシーの運転手と揉めることが多く思います。

ただし、ルールを守ればタクシーは快適に利用できる交通手段ですので、あまり気にかける必要もありません。

タクシー運賃が2016年6月に値上げ

新聞を読んでいると、タクシー運賃が2016年6 月から値上げされるようです。

タイ運輸省がタクシー運賃の値上げを決定すれば、タクシー運賃が5%引き上げることになりそうです。

また、スワンナプーム国際空港やドンムアン空港でタクシーを利用した際に支払う必要のある空港タクシーの加算料金も同時に引き上げられる可能性もあるそうです。

空港タクシーの加算料金は、現在 50 THB なのが、60 THB に。5ドアのバンの場合には、90 THB にバーツになってしまうとのこと。

タイ旅行の思い出はタクシーのボッタクリ

始めてタイに旅行で訪れたとき、まんまと悪質なタクシー運転手に、料金をぼったくられたこと思い出します。

後で分かったときには、たいへん悲しかったです。たくさんの親切なタイ人がいる反面、1人でも旅行者から料金をぼったくるような運転手がいると、タイ全体のイメージダウンになってしまいます。

かと言って、ぼったくられた金額も、500円程度のものだったので、今では良い勉強になったと思います。日本と違い、海外では自分自身がしっかりしておかないと、痛い目にあってしまうことを学びました。

せやかて、料金をぼったくりされたり、金貸して返ってこなかったりと、未だに何度も人に騙される経験ばかりしているのが実情です...。