読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せやかて.COM

せやかて、ブログ、書いてみたかってんもん

タイでバイク移動の便利さ危険さ

タイの日本語教師

Sponsored Link

f:id:DAVEchang:20160606235122j:plain

国際免許でバイクに乗る

バイクでの移動はここバンコクにおいての利点は慢性的な交通渋滞、その交通事情を考えれば明らかに車より時間を短縮できるし、公共の交通の便が悪い場所でも問題は無いことだ。

今、バンコクトンブリ地区のバンケーに住んでいるが、バンコクの中心部のスクンビットまで約20キロバンナーにある学校まで40キロある。バンナーで授業があるときは往復80キロ、土曜日は100キロ走ることになっている。乾季に片道1時間以上乗ることは本当に疲れる。暑くて気が遠くなる・・・・ここタイでは国際免許でバンコクでバイクに乗っている。検問などで警察に免許提出を求められる時はその免許証を見せる。

彼らは初めて見る代物だし英語が読めないので,その免許証に何が記載されているか分からないし、失効しているか,どうかも分からない。

そう、僕の免許は2年前に失効していて無効ななっているし、50ccのバイクしか乗れない普通免許なのだが、彼らにとってそんなことは全然、まったく、どうでも良いのだ。彼らの興味の対象は法に従わせることではなく、罰金、つまり金を取るということのみである。タイの交通規則ではバイクは左斜線を走らなければ無いらない、

斜線を少しでも超えるとアウトで罰金が待っている。

そこにバスが停車していて、避ける為に越えたとしても駄目だ!正規の罰金だと400バーツ~しかし、袖のしたを渡せば200Bぐらいで済んだりする。

つまり取り締まりは警官のしのぎである。高架橋を走っても同様だ。

取り締まりのときでないと何をしてもお咎め無しだ。

警官がすぐ横にいてても平気で信号無視をするが捕まって切符を切られることはない、それゆえ人々に法を破る罪悪感や規則に従う大切さなどのモラル観は一切芽生えることは無いのだ。捕まったときは運が悪かったぐらいしか思わない。

しかし、タイでの交通法規を守らない気持ちも分からないではない。

どういうシステムと理論でしているのか見当は付かないが、

時間帯によって信号待ちの時間は違う。開かずの踏み切りがあるかの時には10分近く待たされたりするのだ

 

承認、黙認!指定暴力団

 

タイの警官は日本でいう一昔前のやくざのその生態系と似通っている。露天のショバ代、バイクタクシーのショバ代、流行っている店などの用心棒代など給料以外の収入源は多種多様で、時には殺人をなども請け負うようだ、つまり職権を使ってアルバイトをしている。

財布と別に失効した免許と200バーツはバイクの中にいざと言うときのために置いてある。それでOKである。 しかし、事故したときは免許が無いと大変なのだが・・・・・

悪条件の中、できるだけ危険を回避しながら運転する

 

 バンコクでは夥しい数のバイクが走っている。モラルやルールが違いすぎるのでバイクに乗るときはきをつけないといけない。追い越してくるバイクには気をつけないといけない。普通に左側から追い越してくるからハッとさせられる。関係は無いが、競輪でも内からの追い抜きは失格になるのに・・・・

それに彼らは状況を把握せず、自分の行きたい前だけしか見ていない。つまりサイドミラーは髪型などを整えるお洒落アイテムに過ぎないのだ。よく日本にもいる原チャリやチャリンコに乗っている交通ルールを無視した夥しい数のオバハンがそこそこのスピードで走っていると考えた方が良いのである。車の運転手もそうだ。超が付くほどドへたくそが多いので、信じられないアホな事故も起こす。バイクも車も車間を取らずに追い抜いていく、これもなかなかスリルありすぎでこちらがそのときにちょっとハンドルを切ったとしたら確実に接触、事故につながっただろうと思うと怖い。なぜならタイの道は日本よりはるかに悪く、段差や穴ぼこ、デコボコが尋常でないぐらいある。白線なんかの技術も低く薄く仕上げることができないのでちょっとした段差のノリである。

日本で原チャリだがバイクに乗っていたことがあるが何年もパンクはしたことが無いがここタイでは年間2,3回はパンクを修理しなければならないのだ。日に80キロの危険を伴うドライブは体力的にも良くないし雨の日も大変だ。自分がどれだけ気をつけても事故は起こりうるが、なるべく飛ばさず、周りの状況に注意を払い、時間に余裕をもって行動することである。当たり前のことだが・・・・・

一番は乗らないこと・・・・・

しかし、もう少し収入を上げて便利な場所に変わらなくては時間も無駄だ・・・・